ミノキシジルやプロペシアは副作用が危険!
安全な天然成分を使った育毛剤がお勧めです!

AGAとは | なぜ男性は髪の毛が薄くなるのか?

多くの男性の薄毛の原因であるAGAについて詳しく解説します。
なぜ男性は髪の毛が薄くなるのかを知ることは、育毛を行う上でも非常に重要なテーマの一つになります。また対策法を考えるきっかけにもなります。

AGAのメカニズムについて

AGAが発症するメカニズムは次のようなものです。


睾丸にて男性ホルモンのテストステロンが発生

テストステロンが全身を巡り、頭皮にある酵素の5-αリダクターゼと結合

テストステロンと5-αリダクターゼが結合しジヒドロテストステロン(DHT)が発生

DHTが髪の毛の成長をストップさせる指令を毛母細胞に送りAGAが発症
女性には睾丸がありません。男性ホルモンが全くないわけではありませんが、そもそも5-αリダクターゼと結合するほど量が多くないので、女性はAGAは発症しないのです。

※男性ホルモンを注射した場合は別です。女性スポーツ選手が男性ホルモン系のドーピングを行ったところ、AGAが発症して例もあります。

AGAは男性ホルモンが悪役とされてしまうケースが非常に多いです。しかし、男性ホルモンの多さはAGAの発症とは一切関係ありません。そもそも、男性であれば、一定の男性ホルモンを持っているのは当然ことです。

問題は、悪玉酵素の5-αリダクターゼです。実は、テストステロンと結合しやすい方がAGAを発症し、結合しにくい方がAGAになりにくいのです。

テストステロンと5-αリダクターゼが結合しにくければDHTが発生しにくくなり、AGAにはなりません。

では、いったいなぜ5-αリダクターゼの機能は人によって差が出てくるのでしょうか。

遺伝による影響を強く受ける

・母方遺伝によって薄毛は継承される

ドイツのボン大学の研究チームによって証明されたことがあります。それは薄毛になりやすい遺伝子は、母方から受け継がれるということです。

もちろん母親には、男性型脱毛症は発症しません。その母親の父親の髪の毛が薄い場合に遺伝されることが分かったのです。いわゆる、隔世遺伝となります。

ここで何が遺伝されるかと言うことが問題となりますが、5-αリダクターゼがテストステロンが結合しやすいか、結合しにくいか、が遺伝されることが分かっています。

しかし、遺伝なのでしょうがない、とあきらめる必要はありません。
原因は分かりましたよね。5-αリダクターゼが活動的であるからなのです。
その機能を抑え込ませられれば、薄毛は解消されるはずです。

5-αリダクターゼの活動を抑え込ませる方法

5-αリダクターゼの活動を抑え込ませる方法として、プロペシアというお薬があります。
しかし、副作用があることが分かってきました。従って、プロペシアを使うよりも天然成分で対抗するのが得策なのです。

例えば育毛剤には「ノコギリヤシ」といった成分がよく含まれています。これは、5-αリダクターゼの働きを抑える効果があるとされる成分です。天然成分なので副作用を心配する必要がないのが大きな特徴です。

育毛剤でおなじみのチャップアップのサプリバージョンにはノコギリヤシが含まれているので、試してみる価値があるでしょう。

>>副作用のない育毛剤はこちらから<<

AGA以外の若ハゲの原因は?

若ハゲのすべての原因はAGA(男性型脱毛症)ではありません。他にもたくさんあり、近年、若年齢化していることも指摘されています。20代でも薄毛になっている方は実際に少なくありません。

薄毛で悩んでいるのであれば、その原因を突き止めることが大事です。ここでは、食生活や外的要因、さらに睡眠不足(ストレス)を中心に解説します。

薄毛になりやすい食生活について

・脂分多い食べ物を大量に食べてしまう

若い方にありがちなことですが、お肉ばかりを食べすぎてしまってはいませんか?お菓子など、油で揚げているようなものを食べている方も危険です。

体内に脂分が大量に入ると、それを皮脂腺から排出しようと身体は機能します。結果的に、頭皮の皮脂の量が多くなり、雑菌の餌となってしまいます。

そして、雑菌が頭皮に大量繁殖すると、皮膚に負担が出てしまい炎症を起こしてしまうのです。

この様に、髪の毛が生えにくい状態になってしまうリスクが高まるのが、脂分多い食べ物なのです。

・偏った食生活は危険

髪の毛を作るためには、様々な栄養分が必要です。主成分であるタンパク質、さらにその結合を助けるアミノ酸や亜鉛といったものが必要です。

好き嫌いがどうしても治せないのであれば、育毛に必要な成分を育毛サプリメントで摂取するのもおすすめです。

若ハゲの原因~外的要因について~

・ヘルメット
・帽子
・整髪料などのヘアケア

若い方は特におしゃれに気を使うので、整髪料を使うケースが多いです。頭皮に付いてしまうことがあれば、毛穴を詰まらせてしまう可能性もあります。その上に育毛剤を使ったとしても意味がありません。整髪料を使ってはいけないわけではありませんが、頭皮に付かないように気を付けてください。

ヘルメットと帽子については、頭皮の蒸れを引き起こします。それらをかぶると、頭皮に皮脂や汗が留まってしまうのです。そうすると、雑菌が繁殖しやすくなり、頭皮トラブルが発生するリスクが高まります。

若ハゲと睡眠の関係性~ストレスにも注目~

・睡眠のゴールデンタイム

人間には成長ホルモンといったものがあります。この成長ホルモンは活発に分泌される時間帯が決まっているのです。その時間は「22時から翌2時」の約4時間と言われています。

成長ホルモンが出ている時間に眠っていれば、髪の毛が生えやすい状態となります。しかし、起きていると、成長ホルモンの分泌が悪くなってしまうのです。

22時に寝ることは無理であったとしても、なるべくその日のうちには睡眠はとりましょう。

・睡眠はストレス解消にもなる!

育毛にストレスは大敵です。ストレスには、血行を阻害する機能があります。血管を収縮してしまい、高血圧の状態を作りだしてしまうのです。

髪の毛の栄養は血液によって送られています。血行が悪くなれば髪の毛の成長に問題が起こって、結果的に薄毛になってしまうのです。

ストレス解消に最も役立つのが睡眠です。寝ている間にストレスは少しずつ改善されます。1日あたり6時間から7時間の睡眠がストレス解消にベストと言われており、5時間以下の睡眠や8時間以上の睡眠はストレス解消には至らないといわれているので注意しましょう。

>>副作用のない育毛剤はこちらから<<

AGA治療にかかる費用と効果

AGA治療を受けるためにはそれなりの費用が必要です。しかも、途中で治療を辞めてしまえば元に戻ってしまうので、ずっと治療は続ける必要があります。では、実際にAGA治療を受ける場合にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。ここでは、AGA治療にかかる費用について解説します。また、その効果についても解説します。

プロペシア治療にかかる費用は?

一般にプロペシアというお薬がAGAの治療薬として使われています。
そのお値段は、

・プロペシア・・・1錠あたり250円ほど

です。

プロペシアは1日あたり1錠利用することになります。ですから、1日あたり250円となります。1ヶ月を30日とすれば、1ヶ月に7,500円の費用が必要だということになります。

しかし、薬の費用だけを考えればいいわけではありません。プロペシアを国内で手に入れようとした場合には、医療機関を利用しなければなりません。プロペシアはドラッグストアで気軽に手に入る薬ではないのです。

医療機関では最初に初診料がかかります。大体、2,000円から3,000円程度が必要です。さらに再診料もかかってくることがあります。

そうすると結果的に、AGA治療にかかる費用は、

・薬+プロペシア=10,000円/月

という費用が毎月継続的にかかってきます。

また、医療機関にもよりますが、定期的に検査などが行われるケースもあります。検査費用もあわせると、かなり高額になる恐れもあるので注意しましょう。

・個人輸入を利用した場合

海外にはプロペシアの廉価版である、フィンペシア、エフペシア、プロスカーと呼ばれるAGA治療薬があります。1錠あたりの価格が、日本でプロペシアを購入するお値段の数分の1から10分の1くらいになることもあります。

しかし、偽薬が含まれていることもあり、副作用の心配もありますので、あまりお勧め出来ません。

ミノキシジル治療にかかる費用

別のAGA治療薬として、ミノキシジルがあります。ミノキシジルについては、国内では基本的に塗布型のリアップがあるので、そちらを中心に解説します。

リアップでAGA治療を行う場合、

・リアップx5・・・7,000円ほど/月

の費用がかかります。

リアップに関してはドラッグストアに手に入るので、そのままの価格となります。医療機関に通って診察費用を支払う必要はありません。

・個人輸入で手に入るミノキシジル系治療薬について

個人輸入で海外から手に入れることが出来るミノキシジル系のAGA治療薬であるロゲインは、国内のリアップとほぼ同価格です。また、カークランドはロゲインの廉価版なので安くなっており、ひと月分が3,000円から4,000円で手に入ります。

また、ミノキシジルタブレットと呼ばれるAGA治療薬もあります。これは、リアップとは違って飲む育毛剤となります。100錠あたり3,000円から4,000円です。ちなみにミノキシジルタブレットは強烈な副作用があることでも知られているので、使用はおすすめ出来ません。

プロペシアに期待できる効果とは?

・5-αリダクターゼの活動を抑える

プロペシアは、AGAに直接効果が期待できます。脱毛酵素である、5-αリダクターゼの活性度合いを抑えてくれるのです。

しかし、プロペシアで爆発的な育毛効果を得られた方はほとんどいないのが実情です。結果的に現状維持もできずに薄くなってしまう方もいるほどです。

ミノキシジルに期待できる効果とは?

・頭皮の血行を促進する

ミノキシジルには、血行を促進する作用があります。塗布した部位の血管が開くので、血流が復活し、髪の毛に栄養が送られやすくなります。

しかし、プロペシアと同じく、まったく効果が得られない方も少なくありません。医薬成分を含んでいるにも関わらず現実は厳しいと言わざるを得ません。

>>副作用のない育毛剤はこちらから<<

2種類のAGA治療薬を徹底解説

ここでは、ミノキシジルが含まれたものAGA治療薬と、フィナステリドが含まれたAGA治療薬はなぜ生まれたのか?そしてそれらのAGA治療薬にはどんな機能があるのかについて解説します。

ちなみに

・ミノキシジルは、リアップ(x5含む)、ロゲイン、カークランド、ミノキシジルタブレット、ロテニンなど
・フィナステリドは、プロペシア・フィンペシア・フィンカー・エフペシア・プロスカーなど

といったネーミングで流通しています。

国内では、リアップとプロペシアのみ手に入り、その他のものは海外からの取り寄せとなります。

ミノキシジルとフィナステリドが生まれた経緯は?

・ミノキシジルは血圧降下剤として作られた

ミノキシジルはもともと、高血圧の方が利用する薬の方のために開発された成分です。その為、血管を拡張させる作用があります。

ミノキシジルは経口薬として作られ、その開発途中で飲んだ人に毛が生えてくる副作用が発見されました。そこから発毛に効果があるのではないかと研究が進み、現在では発毛剤として流通していえるわけです。

注目してほしいのが、発毛する効果は血圧効果の副作用であることです。毛生え薬として開発されたわけではありません。

・フィナステリドは前立腺肥大症の治療薬として作られた

一方で、フィナステリドは前立腺肥大症患者に対して製造、開発されました。

ミノキシジルと全く同じなのですが、開発途中で利用者に髪の毛が生えるといった副作用が出てきたのです。そこから、発毛剤としての研究となり現在は世界で利用されています。

ミノキシジルとフィナステリドの持っている機能とは?

・ミノキシジルは血行促進・細胞の活性化に関わっている

薄毛になる原因として、血行不足と毛母細胞の衰えがあります。その両方ともに一定の効果が期待されています。

血行促進作用に関しては証明されているのですが、細胞の活性化については未だに説明がついていません。確実な効果は証明されていないのが実情です。

・フィナステリドはAGAを起こすDHTの発生の抑制に関わっている

DHTとはジヒドロテストステロンのことを指しています。ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンと酵素が結合することにより発生します。そのうち、酵素の機能を弱める働きがフィナステリドにはあるのです。

しかし、実際に多くの男性はフィナステリドの入ったプロペシアなどを飲んでも薄毛が治っていません。たとえ医薬品の発毛剤を利用したとしても、誰にでも必ず毛が生えてくるわけではないのです。

>>副作用のない育毛剤はこちらから<<

AGA治療薬の実態 | 効果と安全性

ミノキシジルとフィナステリドを含んだAGA治療薬を利用するにしても、事前に効果と安全性を確認しなければなりません。自分の薄毛の原因と効果がマッチングしていなければ無駄となってしまいます。安全性についても、AGA治療薬は医薬品です。安全性は高くなく、その副作用にも気を付けるべきです。

こちらではそれぞれの治療薬で得られる効果と、その安全性について解説します。

■ミノキシジルとフィナステリドの効果について

・産毛化した毛が太く長く生えてくる

まさにそれが「発毛効果」となります。実際に男性型脱毛症が完全に発症してしまったとしても、よく見てみると産毛は生えているのです。問題は、毛が太く、そして長く成長しないことです。

AGA治療薬のリアップやプロペシアは、産毛の状態を改善させるために生まれました。

しかし、注意してほしいことがあります。

・AGA以外の薄毛には効果が期待できない

と言うことです。

薄毛になる原因は、AGAだけではありません。以前に説明したように、頭皮環境の悪化といったものから、ストレスといったものまで幅広くあるのです。睡眠時間や食生活もかかわってくるほどです。

AGA治療薬はAGAに特化しすぎてしまっているため、多くの薄毛で悩んでいる方を救うことは出来ません。一方の育毛剤にはAGA対策になる成分が含まれていたり、頭皮環境を良くする保湿成分や抗炎症作用のある成分が含まれていることもあるほどです。総合的な育毛対策には、育毛剤の方がおすすめです。

ミノキシジルとフィナステリドの安全性は高いのか?

・安全性には問題がある

それぞれの薬剤には利用できない方の条件が記載されています。育毛剤では基本的に男女兼用になっていたり、年齢制限があるわけでもないうので、その違いが際立っています。

【ミノキシジルを利用してはいけない方の条件】
・心臓病の方
・高血圧の持病がある方
・高血圧治療薬を飲んでいる方
・未成年の方
・頭皮に問題がある方など

【フィナステリドを利用してはいけない方の条件】
・女性の方
・未成年の方
・前立腺の病気を持っている方など

なぜ条件が決められているのかといえば、それだけ副作用があることに他なりません。安全性は高くない、といった認識が正しいのです。

>>副作用のない育毛剤はこちらから<<

ミノキシジルの効果と副作用

ミノキシジルは、リアップやロゲイン、カークランド、ミノキシジルタブレット、ロテニンなどに含まれている有効成分です。発毛効果があるものですが、ここでは、ミノキシジルの効果と危険性について詳しく解説します。

ミノキシジルの実際の効果について

・血行改善効果
・毛母細胞活性化効果

髪の毛は血液によって栄養が送られるので、血行が改善すると髪の毛の成長がしやすくなります。ミノキシジルはその効果を狙っているわけです。

実際に、血行改善効果についてはあります。しかし、もう一つの細胞の活性化成果については疑問符が付きます。毛母細胞とは、髪の毛を作るためにあるものです。老化現象やAGAの影響によりその機能が衰えて薄毛が発生することがあるのですが、ミノキシジルにおける毛母細胞活性化の証明には至っていません。

リアップのCMなどでは盛んに毛母細胞活性化効果をうたっていますが、実は医学的には証明されていないのが事実なのです。

・リアップx5の発毛効果データについて

大正製薬では、発毛効果データについて発表しています。その一部について掲載します。

【52週間リアップx5を利用した被験者に対する医師の評価】
・著明改善・・・10.0パーセント
・中程度改善・・・60.0パーセント
・軽度改善・・・24.0パーセント
・不変・・・4.0パーセント
・悪化・・・2.0パーセント

この数字を見ると、なんと94パーセントもの方が改善していることになります。しかし、本当にそれだけの効果が出ているのであれば、誰しもリアップを使っているはずです。それがないということは何を意味しているのでしょうか。

実は、リアップとの相性が大きく関わってきているのです。次にお話ししますが、リアップに含まれるミノキシジルには副作用があります。しかも、リアップは利用をストップすれば元の状態に戻ってしまうのです。副作用が出た方は使用を辞めなければいけませんので、そもそもリアップの効果を得ることは難しいのです。

また、被験者には男性型脱毛症だけの理由で薄毛になっている方が集められた可能性もあります。薄毛の理由はAGAだけではありません。様々な要素がからんでいるケースが多いで、試験データと実際に利用している方に差が出てきてしまうのです。

ミノキシジルにおける副作用の発生確率とは?

・5パーセント配合の場合・・・9パーセント程度

副作用には様々なものがありますが、リアップのように塗布型の場合の多くが、頭皮の異常です。塗布した部位が赤く炎症を起こしてしまいます。

他にも、かゆみが出てしまったり、フケが出てしまうなどの頭皮トラブルに見舞われるケースが特に多いです。しかも、その副作用全体の発生確率は1割近くにも上ります。

・配合率によって副作用に差が出てくる

リアップの場合のミノキシジルの配合率は、1パーセントから5パーセントになります。実は、海外では10パーセント配合や15パーセント配合といったものまで流通しています。配合割合が高ければ高いほど、効果が高いといわれているのです。

しかし、配合率が高くなれば、副作用の発生確率はアップします。特に個人輸入して海外製を利用しようと計画中の方は、そのリスクをしっかりと把握する必要があるでしょう。

>>副作用のない育毛剤はこちらから<<

プロペシアの効果と副作用

ここでは、AGA治療薬でるプロペシアの実情について詳しく解説します。プロペシアと言っても、問題になってくるのが含まれている有効成分の「フィナステリド」です。この化学物質はどんな機能を持っているのか、そしてどんな副作用があるのかについてを中心にして解説します。

プロペシアの実際の効果について

・5-αリダクターゼの働きを抑制する

男性型脱毛症(AGA)は5-αリダクターゼといわれる悪玉酵素によって引き起こされることが分かっています。男性ホルモンのテストステロンと結びつくと、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれるものが生まれてしまいます。

そのDHTが脱毛を促してしまったり、髪の毛を正常に成長させなくなってしまうのです。

プロペシアの有効成分のフィナステリドには、そのDHTの発生を抑える機能があることをまずは理解しましょう。

・AGA以外の脱毛には一切効果を発揮しない

これはプロペシア最大の弱点となります。先に述べたように、フィナステリドは悪玉酵素にしか反応をしません。頭髪全体が少しずつ薄くなる「びまん性脱毛症」や皮脂が多すぎることによっておこる「脂漏性脱毛症」には効かないのです。

AGAと同時にびまん性脱毛症や脂漏性脱毛症が起こっている男性も多く、プロペシアの効果には限界があります。

・プロペシアの発毛効果データについて

【プロペシア1mgの臨床データより】
・投薬開始1年後・・・改善58パーセント・維持40パーセント・進行2パーセント
・投薬開始2年後・・・改善68パーセント・維持31パーセント・進行1パーセント
・投薬開始3年後・・・改善78パーセント・維持20パーセント・進行2パーセント

データを見れば利用したいと思いますよね。しかし、この臨床試験データにはちょっとした、しかし大変重要なカラクリがあります。

それは、1年目の時点で効果がなかった方は、2年目の治験には参加していないのです。ですから、効果が出ている方が増えているわけではありません。結果的には、それほど効果が出ている方は多くないのが真実なのです。

しかも、プロペシアには副作用といった大きな問題もあります。

プロペシアの副作用の発生確率について

・1パーセントから5パーセントの方に精力的な副作用あり

※プロペシア以外のフィンペシア、エフペシア、フィナロ、フィナバルドも同様の副作用があり、その発生確率も同等と言われています。

若ハゲで悩んでいる方が利用する機会が多いプロペシアです。であるにもかかわらず、勃起不全や精力減退の副作用が多く報告されている事実があります。女性に対して引け目を感じたくないからこそプロペシアを利用したにもかかわらず、肝心の精力がなくなっては本末転倒です。

他にも胃部不快感なども副作用として発生しています。

・癌についても指摘され始めている

お笑い芸人で薄毛が解消された方がいます。その方が胃がんにかかったことから、プロペシアには癌の副作用があるのではないか、といったことが言われ始めているのです。

先に解説したように、プロペシアに含まれるフィナステリドは前立腺肥大症の治療薬として開発された過去があります。前立腺肥大症の治療薬にはがんの発症リスクを高める可能性があると、米国食品医薬品局(FDA)により指摘されているのは事実です。

「プロペシア=がんのリスクがある」とまでは言い切れませんが、否定はできません。
これは非常に深刻な副作用であると言わざるを得ません。

>>副作用のない育毛剤はこちらから<<

AGA治療薬の副作用の経験者の口コミ

発毛剤(AGA治療薬)には、ミノキシジルが含まれるものとフィナステリドが含まれるものがあります。医薬成分なので、副作用があります。こちらでは、実際に利用した方の、副作用の体験談について紹介します。

ミノキシジル(リアップなど)で副作用を経験した方の口コミ

ミノキシジルタブレットを服用していました。利用し始めてから、すぐに動悸や息切れといった症状があらわれてしまったのです。結果的に低血圧を起こしてしまい倒れてしまいました。(20代後半男性)

リアップを利用していた。ある時、頭皮に炎症があることに気が付いたのだが、あまり気にせずにいたら、どんどんと多くなり怖くなってリアップの利用を辞めた。しばらくしたら炎症が消えたので、リアップの影響だったことは間違いないと思う。(30代後半男性)

カークランド利用者です。利用してから少し経ってから、頭皮に異常が出てきました。かゆみが止まらないのです。そのうち、フケも多く出てきたのでなんだか怖くなって辞めてしまいました。カークランドを塗った部位もかえって薄くなってしまい、踏んだり蹴ったりです。(30代前半男性)

リアップx5はミノキシジルが5パーセントも入っているとのことで、期待して利用していました。利用してからすぐにいつもより脱毛が多くなりました。「これが噂の初期脱毛かな」と思ったので気にせず利用していたのですが、生えてくる気配がありません。しばらく使っていたのですが、現在では利用をストップしています。早めに決断して辞めておけばよかったと後悔しています。(40代前半男性)

ミノキシジル系の発毛剤には以上のような口コミが多くみられます。リアップなどの塗布型に関しては、頭皮の異常が多いことが分かります。かえって薄毛が進行してしまって例もあり、注意しなければなりません。

最も注意すべきは、ミノキシジルタブレットです。動悸や息切れなど、生命にかかわるような副作用も多く報告されています。血圧を下げる効果があるので、育毛効果を得るために利用するのには適していません。

フィナステリド(プロペシア)で副作用を経験した方の口コミ

プロペシアを利用していました。服用した時は特に副作用は感じなかったのですが、彼女をセックスしようと思ったら、勃起しにくかったのです。その後もたびたび勃起しにくいことに悩まされました。プロペシアが原因かと思って服用をストップしたらしばらくして回復しました。プロペシアも案外恐ろしいですね。(20代後半男性)

海外からプロペシアジェネリックのフィンペシアを利用していました。飲み始めてから腹痛や下痢といったものが出てきてしまったのです。いままで医薬品を飲んでそんなことがなかったのですが、不安に思って服用をやめたところ回復。私の体質には合わなかったようです。(40代前半男性)

フィナステリドの利用に関しては、特に注意すべきは性的なものです。男性ホルモンに関連する成分に影響を与えるとされる医薬品なので、勃起不全や精力減退の可能性がどうしてもあります。

精子の減少など、子供が作れない体になってしまう可能性もある医薬品なので注意しなければなりません。

また、プロペシアは服用タイプなので、胃腸が弱い方には負担になるケースも報告されています。

>>副作用のない育毛剤はこちらから<<

チャップアップが安全である理由

最近、育毛剤のチャップアップが人気を集めています。その人気の秘密の一つに安全性があります。では、なぜチャップアップには危険がないとされているのでしょうか。その理由について、徹底調査してみました。

性別に関係なく利用できる

育毛剤は男性だけが利用するものではありません。女性も利用するものです。

しかし、発毛剤であるプロペシアは男性しか利用できません。プロペシアには女性に対して大きな副作用を起こしてしまう可能性があるのです。胎児に影響を与えてしまうと言われているからです。

しかし、チャップアップについては、男女兼用です。しかも、若い方からお年寄りまで利用できるのです。副作用の心配がないからこそ、性別や年齢に関係なく利用できるのです

※チャップアップの利用者の男女比率は、男性が77パーセントで女性が23パーセントになります。

無添加・無香料である

添加物は頭皮などに大きな影響を与えてしまいかねません。無添加であり無香料であるということは、それだけ大きなメリットなのです。

【チャップアップに含まれていないもの】
・香料
・着色料
・鉱物油
・シリコン
・パラベン
・石油系界面活性剤など

他の育毛剤の中には、上記のような頭皮に負担をかけるタイプの物質が含まれていることがあります。プロペシアやリアップなどの発毛剤と比べてももちろん安全ですが、育毛剤の中でもその安全性はピカイチです。

公式ショップの信頼性にも注目!

チャップアップの公式ショップでは、万全のサポート体制を準備しています。

電話やメールでの質問にも答えてくれます。自社コールセンターを持っているので、対応も素早いと好評です。

ちなみに、サポート部門のスタッフもチャップアップを利用しているケースが多いそうです。ですから、使い方といったことについても、的確に回答してくれますので安心して利用できます。

>>副作用のない育毛剤はこちらから<<

チャップアップの注目成分とその効果

育毛剤:チャップアップには、様々な成分が含まれています。

CHAP-UP-成分表

いくつも注目できる成分があるのですが、特に重要と思われるものを中心に解説します。

注目の有効成分3つ!

・センブリエキスについて

多くの方の薄毛の原因には、血行不足があります。センブリエキスには、その血行不足に対処する機能があります。血行を良くすることで、育毛効果を得ようとしているのです。

センブリエキスは、自然界にあるものです。リンドウ科のセンブリという草があります。非常に苦いものですが、口に入れるわけではないので心配ありません。自然界にある成分なので副作用の心配がなく安全性が高いのも魅力の一つです。

・グリチルリチン酸ジカリウムについて

漢方薬の肝臓に含まれることでもよく知られた成分です。具体的な効果としては、抗炎症作用があります。薄毛の方は頭皮に問題が出ているケースが非常に多くなっているのです。こちらの成分は、特に炎症を抑える効果があるとされます。

副作用についても、摂取量が多くなければ問題ないとされている成分です。特に育毛剤として頭皮に塗布するだけなので、副作用の心配は基本的にありません。

・ジフェンヒドラミンHCIについて

血行促進作用や抗炎症作用があるとされる成分です。厚生労働省も育毛効果を認めている成分になります。

名前からすると、危険性がありそうなイメージもあるかもしれません。しかし、育毛剤として塗布する場合には、安全です。服用する場合には、眠気などが出てくると指摘されていますが、育毛剤として副作用が出ることは基本的に考えられません。

北海道ミツイシコンブ由来エキスについて

「M-034」といわれる成分です。現状で、もっとも注目されている育毛成分と言っても良いかもしれません。それがチャップアップには含まれているのです。

・毛根上部を活性化させる効果あり

髪の毛は毛根から生えて来ます。その毛根の細胞が弱ると薄毛が発症するのですが、北海道ミツイシコンブ由来エキスにはその毛根の細胞を活性化する力があるとされています。

動物実験では効果が実証されており、かなり期待出来る成分です。

チャップアップに含まれる成分まとめ

ここで紹介したもの以外にも多数含まれており、全部で32種類もの成分が入っています。育毛剤でありながら、ここまで豊富な成分が含まれている例はきわめてまれです。

総合的な対策ができる育毛剤とチャップアップは評価できます。

育毛シャンプーを利用しても生えない方、発毛剤は副作用が出てしまった方、このような方は、ぜひチャップアップに注目してください。

>>副作用のない育毛剤はこちらから<<

サブコンテンツ

このページの先頭へ