ミノキシジルやプロペシアは副作用が危険!
安全な天然成分を使った育毛剤がお勧めです!

ミノキシジルの効果と副作用

ミノキシジルは、リアップやロゲイン、カークランド、ミノキシジルタブレット、ロテニンなどに含まれている有効成分です。発毛効果があるものですが、ここでは、ミノキシジルの効果と危険性について詳しく解説します。

ミノキシジルの実際の効果について

・血行改善効果
・毛母細胞活性化効果

髪の毛は血液によって栄養が送られるので、血行が改善すると髪の毛の成長がしやすくなります。ミノキシジルはその効果を狙っているわけです。

実際に、血行改善効果についてはあります。しかし、もう一つの細胞の活性化成果については疑問符が付きます。毛母細胞とは、髪の毛を作るためにあるものです。老化現象やAGAの影響によりその機能が衰えて薄毛が発生することがあるのですが、ミノキシジルにおける毛母細胞活性化の証明には至っていません。

リアップのCMなどでは盛んに毛母細胞活性化効果をうたっていますが、実は医学的には証明されていないのが事実なのです。

・リアップx5の発毛効果データについて

大正製薬では、発毛効果データについて発表しています。その一部について掲載します。

【52週間リアップx5を利用した被験者に対する医師の評価】
・著明改善・・・10.0パーセント
・中程度改善・・・60.0パーセント
・軽度改善・・・24.0パーセント
・不変・・・4.0パーセント
・悪化・・・2.0パーセント

この数字を見ると、なんと94パーセントもの方が改善していることになります。しかし、本当にそれだけの効果が出ているのであれば、誰しもリアップを使っているはずです。それがないということは何を意味しているのでしょうか。

実は、リアップとの相性が大きく関わってきているのです。次にお話ししますが、リアップに含まれるミノキシジルには副作用があります。しかも、リアップは利用をストップすれば元の状態に戻ってしまうのです。副作用が出た方は使用を辞めなければいけませんので、そもそもリアップの効果を得ることは難しいのです。

また、被験者には男性型脱毛症だけの理由で薄毛になっている方が集められた可能性もあります。薄毛の理由はAGAだけではありません。様々な要素がからんでいるケースが多いで、試験データと実際に利用している方に差が出てきてしまうのです。

ミノキシジルにおける副作用の発生確率とは?

・5パーセント配合の場合・・・9パーセント程度

副作用には様々なものがありますが、リアップのように塗布型の場合の多くが、頭皮の異常です。塗布した部位が赤く炎症を起こしてしまいます。

他にも、かゆみが出てしまったり、フケが出てしまうなどの頭皮トラブルに見舞われるケースが特に多いです。しかも、その副作用全体の発生確率は1割近くにも上ります。

・配合率によって副作用に差が出てくる

リアップの場合のミノキシジルの配合率は、1パーセントから5パーセントになります。実は、海外では10パーセント配合や15パーセント配合といったものまで流通しています。配合割合が高ければ高いほど、効果が高いといわれているのです。

しかし、配合率が高くなれば、副作用の発生確率はアップします。特に個人輸入して海外製を利用しようと計画中の方は、そのリスクをしっかりと把握する必要があるでしょう。

>>副作用のない育毛剤はこちらから<<

サブコンテンツ

このページの先頭へ