ミノキシジルやプロペシアは副作用が危険!
安全な天然成分を使った育毛剤がお勧めです!

AGA以外の若ハゲの原因は?

若ハゲのすべての原因はAGA(男性型脱毛症)ではありません。他にもたくさんあり、近年、若年齢化していることも指摘されています。20代でも薄毛になっている方は実際に少なくありません。

薄毛で悩んでいるのであれば、その原因を突き止めることが大事です。ここでは、食生活や外的要因、さらに睡眠不足(ストレス)を中心に解説します。

薄毛になりやすい食生活について

・脂分多い食べ物を大量に食べてしまう

若い方にありがちなことですが、お肉ばかりを食べすぎてしまってはいませんか?お菓子など、油で揚げているようなものを食べている方も危険です。

体内に脂分が大量に入ると、それを皮脂腺から排出しようと身体は機能します。結果的に、頭皮の皮脂の量が多くなり、雑菌の餌となってしまいます。

そして、雑菌が頭皮に大量繁殖すると、皮膚に負担が出てしまい炎症を起こしてしまうのです。

この様に、髪の毛が生えにくい状態になってしまうリスクが高まるのが、脂分多い食べ物なのです。

・偏った食生活は危険

髪の毛を作るためには、様々な栄養分が必要です。主成分であるタンパク質、さらにその結合を助けるアミノ酸や亜鉛といったものが必要です。

好き嫌いがどうしても治せないのであれば、育毛に必要な成分を育毛サプリメントで摂取するのもおすすめです。

若ハゲの原因~外的要因について~

・ヘルメット
・帽子
・整髪料などのヘアケア

若い方は特におしゃれに気を使うので、整髪料を使うケースが多いです。頭皮に付いてしまうことがあれば、毛穴を詰まらせてしまう可能性もあります。その上に育毛剤を使ったとしても意味がありません。整髪料を使ってはいけないわけではありませんが、頭皮に付かないように気を付けてください。

ヘルメットと帽子については、頭皮の蒸れを引き起こします。それらをかぶると、頭皮に皮脂や汗が留まってしまうのです。そうすると、雑菌が繁殖しやすくなり、頭皮トラブルが発生するリスクが高まります。

若ハゲと睡眠の関係性~ストレスにも注目~

・睡眠のゴールデンタイム

人間には成長ホルモンといったものがあります。この成長ホルモンは活発に分泌される時間帯が決まっているのです。その時間は「22時から翌2時」の約4時間と言われています。

成長ホルモンが出ている時間に眠っていれば、髪の毛が生えやすい状態となります。しかし、起きていると、成長ホルモンの分泌が悪くなってしまうのです。

22時に寝ることは無理であったとしても、なるべくその日のうちには睡眠はとりましょう。

・睡眠はストレス解消にもなる!

育毛にストレスは大敵です。ストレスには、血行を阻害する機能があります。血管を収縮してしまい、高血圧の状態を作りだしてしまうのです。

髪の毛の栄養は血液によって送られています。血行が悪くなれば髪の毛の成長に問題が起こって、結果的に薄毛になってしまうのです。

ストレス解消に最も役立つのが睡眠です。寝ている間にストレスは少しずつ改善されます。1日あたり6時間から7時間の睡眠がストレス解消にベストと言われており、5時間以下の睡眠や8時間以上の睡眠はストレス解消には至らないといわれているので注意しましょう。

>>副作用のない育毛剤はこちらから<<

サブコンテンツ

このページの先頭へ